様々な場で活躍のボトックス注射に密着【美容整形の分野では大人気】

サイトメニュー

自分の歯で生涯暮すために

スキンケア

美容整形治療で歯を守ろう

生涯自分の歯で暮すことは簡単なようで意外に難しく、歯周病で歯を失うほか、歯ぎしりでも歯が欠損する場合があるのです。そのため現在では美容整形のボトックス注射で歯ぎしりを防ぐといった活用法もあり、自分の歯を守る切り札として注目されています。人間の噛む力は予想以上に強く、しかも歯ぎしりの回数が多い場合は筋力トレーニングをしているのも同然ですから、力は益々強くなっているのです。そこで、歯を噛みしめる筋肉にボトックスを注射すればその力を抑制できるため、非常に有効な改善策となっています。歯科ではその対処用にナイトガードなどのマウスピースも提供していますが、毎日使うのが面倒だったり、お酒を楽しんで直ぐ寝てしまったりするなど、絶対的な対処法ではないのです。その点、美容整形外科のボトックス注射なら、アセチルコリンの働きを制御し、脳の指令自体を無効化できるので、本人の意志に関わらず噛みしめ行為を抑えられます。また、この活用方法は、既に自分の歯を失ってインプラントを入れている人にも効果的です。強化セラミックやジルコニアといったインプラントは丈夫な材質ですが、それでも発達した咬筋の歯ぎしりで連日負荷を受け続ければ、悪影響が出始める場合もあります。インプラントは1本の値段が非常に高いですから、食いしばりによるトラブルが気になる場合は、美容整形クリニックで話を聞いてみると良いでしょう。歯の健康目的でボトックス注射を受ける場合、この注入薬に関してあまり見識がないかもしれません。ですが、今やボトックスは小顔治療やシワ取り施術といった多彩な治療目的で使われているほど、美容整形の分野では大人気となっている薬です。眼科などでも保険治療で普通に使われており、シワ取りの美容整形でもその有効性が認められ、厚生労働省から認可を受けたボトックスもあります。基本的にどのボトックス注射も安全性に問題はありませんが、気になる場合は政府承認品のボトックスを選んでおけば安心です。高品質なボトックスは改善作用に優れ、効き目も長く続きますから、できるだけ良質なボトックスを選んでおいた方が良いでしょう。また、美容整形というイメージから大掛かりな治療を連想するかもしれませんが、注射という名前でも分かる通り、この治療は注射器だけで行う施術です。メスの類は全く使わないのでプチ整形に分類されており、数分の注射を1回受けるだけで、以後4カ月から6カ月程度は歯ぎしりの加圧を抑えてくれます。効果が切れても再注射できるため、治療を継続すれば引き続き、食いしばり行為から歯を守れるので安心です。しかし、それだと永久に治療を受け続ける感もありますが、実際は5回や6回程度注射すれば、その後は治療を中断しても、効果が長続きするのが一般的となっています。